« 宮武一貴原画展レポ「マクロスデルタも楽しみネ」 | トップページ | さようなら三笠…また逢える日まで… »

宮武一貴原画展レポ「最後の浪漫」

今回の画像は「幻のアポロノーム3番艦」…coldsweats02
Apolo_001la…なんちゃってbleah 1番艦の逆版でした…
でも、現在ゴッドがアポロノーム1~3番艦の新規設定を描き起こして下さっているのは事実!shine 来年内には何とか? デルタも急ぎだし…まぁ気長に待ちましょう~coldsweats01

さぁ、長々と続いた原画展対談レポもいよいよ今回分で終わりですcatface (何とか間に合った…coldsweats01)念願の原画展開催に加え、模一にとってゴッドと更にお近づきになれた素晴らしい体験でしたhappy02 お力添え頂いた皆さん、本当にありがとうございます。heart04

以前、自分がゴッドにお訊ねした「何故、こんなにも真摯に自分に向き合って下さるのか?」 それに応えるゴッドのお言葉とは?

宮武ゴッド「以前の自分も同じだったから――」と…
ゴッドがまだゴッドたる以前。まだ創設者4名が「ぬえ」を名乗る以前の話し…学生だった頃のお話しです…confident
故・野田宇宙軍大元帥を始めとしてSF界の草創たるメンバーが月に一度、喫茶店に集まって例会を開いていたそうです。(このお話しは野田氏の書物にも度々紹介されているのでご存知の方も多いでしょう~)
その場で、大先輩諸氏は若ゴッドに対しても分け隔てなく接して下さり、宮武青年はそこで大切なモノを沢山吸収されたそうです。

今、ゴッドが我々ファンに接して下さる、有り様は「その時の先輩方への恩返しでもある」そうです… cryingううっエエ話しやー

こうして、初めには予定されていなかったサイン会がいよいよ原画展・最終日11月23日に開催されます!

3年前、猿が如き模一はモノリス・宮武ゴッドに触れ、目覚めましたfuji(…いや、今もサル並みか?coldsweats02)
取り敢えず、年内正式にゴッドに触れられる最後の機会ですよぉ!

三笠を後にした一同は大通りまでゴッドをお見送りさせて頂きました。
模一「ゴッド、次の原画展はどちらで?」
ゴッド「う~ん、取り敢えず次は横須賀美術館かな?―」
一緒に居た観光課女史が「美術館のスケジュール調整しなきゃ!」と早速ノートにチェックを入れていました! う~ん頼もしい!happy02
オイラもどうせ払う税金なら横須賀市に納めたいなぁ~smile

大通りでタクシーを拾われ、大きな花束とファンからの贈り物を抱えゴッドは愛する奥様の許へ帰られました…catface
余韻覚めやらぬ我々一同は企画担当S氏のお疲れ様会を課ね、夜の横須賀中央界隈にくり出したのです。beer
――また、S氏の話しが熱いんだ!コレが!!――

エピローグ
神対談遡ること30分前…三笠最上層デッキ 
模一は司会の森田夫妻を見つけ、(半ば強引に…coldsweats01)お話しを伺いました
模一「森田さん、今日はどんな司会進行をされるご予定ですか?」
森田「以前、ガブリエルの時にも2人の対談はやったけど、同じ話しをしても仕方がないから、別のアプローチをしてみるつもり――」(結果は大盛況でした!shine)
森「正直、今回の原画展は良いタイミングだったと思ってる…」
「多分、手描きによる設定画を展示できる最後の機会かもしれない…」「現状でも、印刷媒体は勿論、最初からデジタルで描くことが主流になっているから」
「今回30年以上前の原画が出てきたけれど、予想以上にとても良い状態で残ってる」
「勿論、今回ぬえに移された資料をデジタル保存して、アーカイブ化もして行かなきゃいけないのだろうけど…」
「手描きの仕事の良さ、ロマンを伝えるためには宮武さんの仕事はまさに打ってつけで、今回ここで原画展を開催できたのは本当に良い機会になった」
「今後も伝える機会が持てれば嬉しい――」
模一「今度は是非『ぬえ』として企画して下さい!応援します!!」

そんな有り難いお話しを、三笠の最上層デッキで猿島を望みながら晴天の下、森田さんから直接伺うことができました。happy02
「今日の対談は、絶対に面白くなるぞ!」そんな確信が自分の心中に膨れ上がるのを実感していました。
「一体、どんな話しが聞けるのだろう?――」

そこに嫁からの携帯呼び出しが…「もう、何処に居るの?皆もう並んで待ってるわよ!」

明日から、また原画展最終日に向け、横須賀へ赴きます!
新鮮な(面白い?)ネタが取れればご報告いたしますーsmile

|

« 宮武一貴原画展レポ「マクロスデルタも楽しみネ」 | トップページ | さようなら三笠…また逢える日まで… »

コメント

マクロスはもう、VFと母艦しか見所が解らない神原デス……酷い前口上だ(笑)

サービス業だと、土日は休めないんですよねぇ。
横須賀美術館で開催されたら、是非また行きたいです!

脳内で反芻(←滝汗)してて気がついたのですが、原画を実際に目にすると、1本々々の線が「生きてる」んですよね〜。
成る程、以前何かで読んだ『ラインが走ってる』というのはコレか!と。


あぁ、もう一度見に行きたかったなぁ(号泣)

投稿: 神原タスク | 2015年11月21日 (土) 13時28分

ワシの分も楽しんできてね~。

投稿: ときわ湯 | 2015年11月21日 (土) 22時04分

Tacさま
いつもお世話になっておりますconfident
最終日は来られないのですね?weep

黒パンの「お土産」を用意してたのですが…
次回のWFでお渡ししますwink
(お菓子のお礼です)

最終日、また新鮮なネタが採れたらUPします!catface

投稿: ひろも | 2015年11月22日 (日) 09時29分

神原タスク さま
最終日ムリとのこと…残念weep
…自分も「毎週行く!」とか言ってたのに…
結局、始めと終わりしか行かなかった…coldsweats02
ゴッドに申し訳無いですーwobbly
日曜日はお仕事とのこと…
アレの資料が来冬ワンフェスでお渡し出来れば良いかなぁ~…などと思っておりました…weep

投稿: ひろも | 2015年11月22日 (日) 09時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506925/62720775

この記事へのトラックバック一覧です: 宮武一貴原画展レポ「最後の浪漫」:

« 宮武一貴原画展レポ「マクロスデルタも楽しみネ」 | トップページ | さようなら三笠…また逢える日まで… »