« 宮武一貴原画展レポ「神が降りてくる…」 | トップページ | 宮武一貴原画展レポ「最後の浪漫」 »

宮武一貴原画展レポ「マクロスデルタも楽しみネ」

Img_0477うわっ!ヤベっ
土曜日晩は川崎の模型バーに大阪信奉団同士と「飲み」beer
日曜日から月曜日は横須賀泊fastfood

で原画展対談レポ上げる時間ないぢゃん?!日ごろからコツコツと…shock

今日の画像は「WiMax」契約時にヤマダ電機で頂いた、非売販促品。

コレが、実は大好評でした…
詳細は後ほど…bleah

溢れ出る、新たなイメージ。宮武ゴッドはそれを『降りてくる』と表現されています。

ダ・ビンチだかミケ・ランジェロだかの爺さまが「美術の神が降りて来る…」とか何とか言ったとか、以前聞いた覚えがあるような、無いような…いい加減 coldsweats01

天才は同じ感覚なのねーhappy02
さて漫画の神?手塚治虫氏の言葉とは?…

ゴッド「同じ事を、手塚先生が以前自分に言われて、ビックリしたことがある…」
「アトムの第2シーズン。石黒さんからアトムのライバルのアトラスを描けるのは宮武しかいない。と言う話しになって、手塚さんの所へ行った」
「石黒監督は『アトムは良心しかない。『悪心があってこその人間』『盗まれたアトラスの心には、悪もある善もある』『善悪あって【目覚めたロボット】』そう言って、それを描けるのは宮武だけだと仰って下さった」
「そこで手塚先生が『僕は浮かんだ自分のアイディアの1/100以下も描ききれていない。寝ている時も、常にメモを枕元に置いて浮かんだアイディアを書き留めるようにしているけど、殆どは忘れてしまう…』そこで手塚先生は急に自分に向かって『宮武さんもそうだよね!?』と言われた」

ゴッド「確かに僕も枕元にメモ帳を置いて、デザインが上から降りて来た時に、すぐメモを取るようにしてはいるけれど、1/10以下しかメモに取れていない」

因みにゴッドは模一に「手塚治虫先生は、ライバルと認めると相手をケナスクセがあった」と教えて下さいました。例えば…あの吾妻ひでお氏もそうだったとか…coldsweats01

ワープ:この後何を話されたか、メモが無い…coldsweats02 寝てないぞー!

森田「では、これからの予定などを一言――」
加藤「皆、買ってね、買ってネ!!」coldsweats01(爆)happy02happy02happy02
ゴッド「表に見えない(出ない?)デザインもやってみたい」
森「では、スタジオぬえも軍事産業に手を出しますか?」
ゴッド「僕は130歳まで生きるつもり!(おおっcoldsweats02)50や60で何を世に公開することが出来るか?っていう気持ちが強かった」
「だけど、こうして『初めて』を公開したからには、今は『これでは終わらない』という気持ちが強い!」(会場・大拍手!fuji
「まだまだ、皆さんに見せたかったモノが沢山あった(180Kgだからねぇ~coldsweats01) もしその全てを公開しようと思えば、三笠でなく、空母ロナルド・レーガンの格納庫の壁を全て借りないとならない」(企画会社のS氏が死にます!weep
森「米軍に話ししましょうか?」
ゴッド「場所も横須賀だけでなく、もっと中央にも出て行きたい」

確かに信奉団としても近代美術館とか上野とか六本木でも開催して欲しい

ああっ!ここで無情にも閉館を知らせる艦内放送がっ!!shock
今回の三笠会場はゴッド原画展のために会場・スタッフを無償提供して下さっているので、ご迷惑は絶対に掛けられないのだ!
しかし、余りにも余りにも時間が足りな過ぎるうぅ~crying

熱いトークで滾った心を静めるためか、はたまた『原画を見なきゃダメなのよ!」の声に、もう一度、己の目と心に焼き付けんがためか?!
間もなく閉艦というのに、展示場は大勢のファンでごった返してるぅ~coldsweats02 更に関係諸氏もゴッドと加藤氏への挨拶で更に大混雑!shock
元々軍艦だった三笠は空調・換気が今ひとつ弱く?(天井も低いしネ)人いきれと熱気でエライことに…wobbly

加藤画伯にプレゼントの「ガチャピン&ムック腕時計」をお渡しする為とゴッドに労いのご挨拶をしようと控え室に向かうも…
関係者やエライさんで一杯だあぁぁぁっsad

それでも、ちゃっかりこっそり加藤氏の傍に…bleah 「もし宜しかったら受け取って下さい」とガチャ時計を差し出すと…
加藤「えっ?!本当にくれるの?うわっ、メッチャ嬉しいぃ~」と、早速箱から出して腕に巻かれて下さいました。coldsweats01 ホントこちらが逆に驚く程に喜んで下さり、スーパーチャリでの帰途もしっかり腕にはガチャ時計が!happy02…心残りは加藤さんの画集を持参するのを忘れたこと…weep

加藤画伯とはお近付きになれたものの、我が神が戻られない…仕方なく艦外に…
ゴッドは艦出口タラップ下で大勢のファンと関係者に囲まれていました…coldsweats01
一人がサインをねだると、見る間に列が出来ます…coldsweats02

ゴッドが本当に申し訳なさ気に「これ以上はもう勘弁して下さい」とファンにお断りしています
それでも、ゴッドの心中は苦しく、観光課の担当女史に提案をされました
「もう対談は無理だけど、もう一度サイン会を企画して下さい。折角来て下さった皆さんに申し訳なさ過ぎる…ちゃんと時間を取って対応しなくちゃ――shine」そのサイン会は原画展最終日開催されます!

模一はそんなゴッドのお姿を見ながら、以前ゴッドにお訊ねした、ある事を思い出していました confident「なぜ1ファンでしかない自分に、こんなにも誠意と厚情を持って接して下さるのか?」と――

ゴッドお答えはまた次回に…wink
そして、猿島浮かぶ横須賀の海を背景に森田氏が模一に語る「最後のロマン」とは?

秘密情報①22日午後3時辺り~三笠に神降臨か?

その②製作状況が中々見えない、マクロスデルタですが…ゴッドに依頼が?…おっとオイラの口からは言ぇねえ~bleah 楽しみだなぁlovely

|

« 宮武一貴原画展レポ「神が降りてくる…」 | トップページ | 宮武一貴原画展レポ「最後の浪漫」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506925/62717992

この記事へのトラックバック一覧です: 宮武一貴原画展レポ「マクロスデルタも楽しみネ」:

« 宮武一貴原画展レポ「神が降りてくる…」 | トップページ | 宮武一貴原画展レポ「最後の浪漫」 »