« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年11月

宮武ゴッド原画展・アフターレポ「ちゃっかり模一」

夢の宮武ゴッド原画展から早1週間…めっきり寒い今日この頃、如何お過ごしでしょうか?
前回、嫁と「ゴッドちゃっかり二人占め」のお話しをしましたが…bleah

Img_0655a閉会あとのひっそりとした三笠会場の模型ケース内…MANTICORE綾瀬氏のReスーツやボークスの虎さん、天才谷氏のダンバイン(破損状態coldsweats02…なれど素晴らしい原型)…に囲まれチャッカリ鎮座している、ゴッド自画(立)像coldsweats01 展示のドサクサに紛れてオイラがチャッカリ中に入れて来たナリsmile 余分抜き分があるので希望者にはWFで配ろうかなぁ~catface

展示といえば…ゴッド最高傑作は「エウレカの塔郡」。…と言うお話しはゴッド自らが語られていることですが…
原画展展示彩色原稿の中でゴッド、自慢の作品は何でしょう~?
答えは「野鳥の彩色画」ですー!shine

ぢつは、模一もチョット意外でした…coldsweats01
しかし、ご覧になった中で一体何人の方が気付かれたでしょうか?
ぢつは、アレ2色原稿なの(だそう)ですcoldsweats02 「え?どう言うこと?カラーぢゃん?」
オイラも当然そう思いましたよ!coldsweats02

ぢつは、赤と黒の絵の具2色だけしか使っていないそうです…shock まぢで?!

普通「野鳥の絵」とかは図鑑にその道で名のある「専門家」のセンセが描かれることが多いのですが、朝日科学ジャーナルのお付き合いでゴッドに依頼が来たそうな…
元々ゴッドは大学で動植物の専門を学んでいたので野鳥を描くのはお手の物。

図鑑の「専門家のセンセ」の絵は正確であるけれど「絵が硬くて面白味が薄い。デコイのほうがまだ柔らかみがあるくらい…」とか…coldsweats01

それよりアレが2色原稿とわ…
ゴッド曰く「カラー印刷はコスト高くて、普通は2色とか言うと、稿料も安くて、チョット部分的に色が乗っていれば良い。位の感覚で仕上げる事が多い…」
「野鳥の会の会員に大層褒められたのが嬉しかった」と…
お見せできないのが残念ですが、胸の毛の膨らみなど、触れば本当に柔らかいような羽毛の色彩が素晴らしい作品です。lovely ゴッド曰く「生きている鳥を描きたかった!chick

ゴッドの懐の深さをうかがい知るエピソードでした…catface
…でも、個人的には宇宙戦艦が好みですがcoldsweats01… 罰当たり発言annoypunch

ぢつは、ゴッドに直で一通り展示作品をチャッカリ解説して頂いたので、また順次紹介して行きたいと思います… って開催中にすりゃ良かったのですが…sad ひ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ゴッドインタビュー責め(下)…実は模一も…

003a
夢のような催事が終わってしまい、明日で1週間…weep 後片付けも一段落してみると寂しさも一入です…crying
開催前と開催中の慌しさが恋しい…weep ってか、冬WFの追い込みがあるんでしたcoldsweats01
ゴッドは今頃、マクロスデルタ用デザインが「降りて来る」のを掴まえようとされているでしょう~coldsweats02
原画展開催中は各方面からのインタビュー責めに大忙しのゴッドでしたが… 実は模一も個人的にお時間頂き、横須賀カレーを賞味しつつ、立体化の判らない処を直のご教授を受ける個人インタビュー…などと言う、超贅沢にもゴッドを二人占め(嫁も同席・海軍カレー好きlovely)してしまいました…
Img_0600a…いつものように?ゴッドに密着coldsweats01 あ~幸せheart04
その前には大阪地区信奉団員・おもさんがゴッドのサインを幻冬社の 宮武一貴デザイン集HIGHLY ORIGINAL WORKSに頂いたのですが…
ゴッド的には「色々と問題のあった本」だという裏事情を教えて頂きました…sad
校正で記載記事修正をお願いしても、結局直されずそのまま出版されてしまい…
再販されない理由はそんな処に理由があるのかも?…coldsweats02

中でもゴッドがどうしても【修正】したかったのが…

P125【「僕が大学院で勉強したのは情報の検索方法」というように、宮武は観察した情報を整理し、いつでも引き出せるようにしている。この情報量こそが宮武の財産であり、緻密なデザインを生み出す源である】

ここの、検索方法が【検証方法】なのだそうです…bearing

新しい画集のお話しも上がっているらしい、昨今。今度はゴッドが満足出来る本を出版して欲しいモノです…
多少高くても必ず買いますので…weep

| | コメント (4) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展後日譚・ゴッドインタビュー責めでした(上)

002a前回、「タウンニュース横須賀」のゴッドインタビュー記事をUPさせて頂きましたが…今回のUPもゴッドから頂いた地元インタビュー記事をUPしますcatface
原画展開催中、「落ち着かれました?」とお訊ねしたら、「逆にあちこちから依頼が来て、忙しくなった…coldsweats02」と…
地元誌インタビューだけでなく、雑誌分や詳細未確認ながら、画集の打ち合わせなども…happy01
…ってか、原画展開催前に出せってばよ!coldsweats02

では後半は次回お楽しみに~wink

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展・アフターレポ「横須賀タウンニュース・ハンサムゴッド」

001aゴッドから「横須賀タウンニュース」を頂きましたcatface ますます横須賀に移住したい願望度が上がります。
ゴッドが男前に写っております…lovely
他の地域の方には入手困難なので「お裾分け」画像を…

企画運営会社担当・園山氏曰く「宮武と書いてあれば、模一はゴミでも持って帰る――」
家内曰く「上手いこと言うわね!smile

人を粗大ゴミをさらうおぢさんみたいに言うなぁ~coldsweats02 …まぁ当たってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さようなら三笠…また逢える日まで…

Img_0703a
待望の宮武一貴原画展も昨日、大盛況の内に終わりました…catface 最終日のサイン会も盛況で、対談の行われた壇上で一人づつゴッドの前に進み出て、直接サインを頂く、まるで「卒業式」の如き様相の中で取り行われました。予定より早めに開始したものの、閉艦時間を越えてしまいましたが、ゴッドは最後の方まで一人一人、丁寧に応対されていました…
実はその後、控え室で更にサイン攻めに…coldsweats01
本日11月24日は平日ですが…仕事を休んで、会場撤収のお手伝いをさせて頂きましたcatface 片付け終わり外へ出ると、晴天に三笠マストの日章旗が!「ありがとう三笠sun
Img_0602aこれが最終日、サイン会の模様 皆さん、それぞれ「思い出」の品々にサインを頂いておりました。
MANTICORE・綾瀬氏は「宇宙塵shine」を持参。ゴッドは仰け反っておりましたsmile
Img_0702a
…そしてこれが本日。最終片付け直前…。中央のガラスケースがバカ重!エッチラオッチラ運びましたが、当時の砲弾運搬の苦労を、まさか21世紀に自分が体験させられようとわ?!天井に頭ぶつけるし…coldsweats02
Img_0655a模一製作の「ゴッド自画像」ともサヨナラです…weep 綾瀬さんのReスーツとの対比があらゆる面で笑うわcoldsweats01 出来映えとか、真面目さとか、コンナモノがとか…coldsweats02

チョット良い話…今回の原画展チラシ、中はゴッドの対談とも重なる読み応え度満点の大充実チラシです。企画運営会社担当S氏こと園山アニキ労作のゴッド主要作品一覧も超貴重!!shine その原画展以外では入手困難な逸品(ヤフオク出品もされてましたが…coldsweats02)を、横須賀観光課と園山アニキのお計らいで、次の2月WF「宮武ゴッド信奉団」ブースで無料配布させて頂ける予定です。fuji
砲弾運搬擬似体験した甲斐があったぜ!smileぢゃ、お楽しみにー



| | コメント (1) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展レポ「最後の浪漫」

今回の画像は「幻のアポロノーム3番艦」…coldsweats02
Apolo_001la…なんちゃってbleah 1番艦の逆版でした…
でも、現在ゴッドがアポロノーム1~3番艦の新規設定を描き起こして下さっているのは事実!shine 来年内には何とか? デルタも急ぎだし…まぁ気長に待ちましょう~coldsweats01

さぁ、長々と続いた原画展対談レポもいよいよ今回分で終わりですcatface (何とか間に合った…coldsweats01)念願の原画展開催に加え、模一にとってゴッドと更にお近づきになれた素晴らしい体験でしたhappy02 お力添え頂いた皆さん、本当にありがとうございます。heart04

以前、自分がゴッドにお訊ねした「何故、こんなにも真摯に自分に向き合って下さるのか?」 それに応えるゴッドのお言葉とは?

宮武ゴッド「以前の自分も同じだったから――」と…
ゴッドがまだゴッドたる以前。まだ創設者4名が「ぬえ」を名乗る以前の話し…学生だった頃のお話しです…confident
故・野田宇宙軍大元帥を始めとしてSF界の草創たるメンバーが月に一度、喫茶店に集まって例会を開いていたそうです。(このお話しは野田氏の書物にも度々紹介されているのでご存知の方も多いでしょう~)
その場で、大先輩諸氏は若ゴッドに対しても分け隔てなく接して下さり、宮武青年はそこで大切なモノを沢山吸収されたそうです。

今、ゴッドが我々ファンに接して下さる、有り様は「その時の先輩方への恩返しでもある」そうです… cryingううっエエ話しやー

こうして、初めには予定されていなかったサイン会がいよいよ原画展・最終日11月23日に開催されます!

3年前、猿が如き模一はモノリス・宮武ゴッドに触れ、目覚めましたfuji(…いや、今もサル並みか?coldsweats02)
取り敢えず、年内正式にゴッドに触れられる最後の機会ですよぉ!

三笠を後にした一同は大通りまでゴッドをお見送りさせて頂きました。
模一「ゴッド、次の原画展はどちらで?」
ゴッド「う~ん、取り敢えず次は横須賀美術館かな?―」
一緒に居た観光課女史が「美術館のスケジュール調整しなきゃ!」と早速ノートにチェックを入れていました! う~ん頼もしい!happy02
オイラもどうせ払う税金なら横須賀市に納めたいなぁ~smile

大通りでタクシーを拾われ、大きな花束とファンからの贈り物を抱えゴッドは愛する奥様の許へ帰られました…catface
余韻覚めやらぬ我々一同は企画担当S氏のお疲れ様会を課ね、夜の横須賀中央界隈にくり出したのです。beer
――また、S氏の話しが熱いんだ!コレが!!――

エピローグ
神対談遡ること30分前…三笠最上層デッキ 
模一は司会の森田夫妻を見つけ、(半ば強引に…coldsweats01)お話しを伺いました
模一「森田さん、今日はどんな司会進行をされるご予定ですか?」
森田「以前、ガブリエルの時にも2人の対談はやったけど、同じ話しをしても仕方がないから、別のアプローチをしてみるつもり――」(結果は大盛況でした!shine)
森「正直、今回の原画展は良いタイミングだったと思ってる…」
「多分、手描きによる設定画を展示できる最後の機会かもしれない…」「現状でも、印刷媒体は勿論、最初からデジタルで描くことが主流になっているから」
「今回30年以上前の原画が出てきたけれど、予想以上にとても良い状態で残ってる」
「勿論、今回ぬえに移された資料をデジタル保存して、アーカイブ化もして行かなきゃいけないのだろうけど…」
「手描きの仕事の良さ、ロマンを伝えるためには宮武さんの仕事はまさに打ってつけで、今回ここで原画展を開催できたのは本当に良い機会になった」
「今後も伝える機会が持てれば嬉しい――」
模一「今度は是非『ぬえ』として企画して下さい!応援します!!」

そんな有り難いお話しを、三笠の最上層デッキで猿島を望みながら晴天の下、森田さんから直接伺うことができました。happy02
「今日の対談は、絶対に面白くなるぞ!」そんな確信が自分の心中に膨れ上がるのを実感していました。
「一体、どんな話しが聞けるのだろう?――」

そこに嫁からの携帯呼び出しが…「もう、何処に居るの?皆もう並んで待ってるわよ!」

明日から、また原画展最終日に向け、横須賀へ赴きます!
新鮮な(面白い?)ネタが取れればご報告いたしますーsmile

| | コメント (4) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展レポ「マクロスデルタも楽しみネ」

Img_0477うわっ!ヤベっ
土曜日晩は川崎の模型バーに大阪信奉団同士と「飲み」beer
日曜日から月曜日は横須賀泊fastfood

で原画展対談レポ上げる時間ないぢゃん?!日ごろからコツコツと…shock

今日の画像は「WiMax」契約時にヤマダ電機で頂いた、非売販促品。

コレが、実は大好評でした…
詳細は後ほど…bleah

溢れ出る、新たなイメージ。宮武ゴッドはそれを『降りてくる』と表現されています。

ダ・ビンチだかミケ・ランジェロだかの爺さまが「美術の神が降りて来る…」とか何とか言ったとか、以前聞いた覚えがあるような、無いような…いい加減 coldsweats01

天才は同じ感覚なのねーhappy02
さて漫画の神?手塚治虫氏の言葉とは?…

ゴッド「同じ事を、手塚先生が以前自分に言われて、ビックリしたことがある…」
「アトムの第2シーズン。石黒さんからアトムのライバルのアトラスを描けるのは宮武しかいない。と言う話しになって、手塚さんの所へ行った」
「石黒監督は『アトムは良心しかない。『悪心があってこその人間』『盗まれたアトラスの心には、悪もある善もある』『善悪あって【目覚めたロボット】』そう言って、それを描けるのは宮武だけだと仰って下さった」
「そこで手塚先生が『僕は浮かんだ自分のアイディアの1/100以下も描ききれていない。寝ている時も、常にメモを枕元に置いて浮かんだアイディアを書き留めるようにしているけど、殆どは忘れてしまう…』そこで手塚先生は急に自分に向かって『宮武さんもそうだよね!?』と言われた」

ゴッド「確かに僕も枕元にメモ帳を置いて、デザインが上から降りて来た時に、すぐメモを取るようにしてはいるけれど、1/10以下しかメモに取れていない」

因みにゴッドは模一に「手塚治虫先生は、ライバルと認めると相手をケナスクセがあった」と教えて下さいました。例えば…あの吾妻ひでお氏もそうだったとか…coldsweats01

ワープ:この後何を話されたか、メモが無い…coldsweats02 寝てないぞー!

森田「では、これからの予定などを一言――」
加藤「皆、買ってね、買ってネ!!」coldsweats01(爆)happy02happy02happy02
ゴッド「表に見えない(出ない?)デザインもやってみたい」
森「では、スタジオぬえも軍事産業に手を出しますか?」
ゴッド「僕は130歳まで生きるつもり!(おおっcoldsweats02)50や60で何を世に公開することが出来るか?っていう気持ちが強かった」
「だけど、こうして『初めて』を公開したからには、今は『これでは終わらない』という気持ちが強い!」(会場・大拍手!fuji
「まだまだ、皆さんに見せたかったモノが沢山あった(180Kgだからねぇ~coldsweats01) もしその全てを公開しようと思えば、三笠でなく、空母ロナルド・レーガンの格納庫の壁を全て借りないとならない」(企画会社のS氏が死にます!weep
森「米軍に話ししましょうか?」
ゴッド「場所も横須賀だけでなく、もっと中央にも出て行きたい」

確かに信奉団としても近代美術館とか上野とか六本木でも開催して欲しい

ああっ!ここで無情にも閉館を知らせる艦内放送がっ!!shock
今回の三笠会場はゴッド原画展のために会場・スタッフを無償提供して下さっているので、ご迷惑は絶対に掛けられないのだ!
しかし、余りにも余りにも時間が足りな過ぎるうぅ~crying

熱いトークで滾った心を静めるためか、はたまた『原画を見なきゃダメなのよ!」の声に、もう一度、己の目と心に焼き付けんがためか?!
間もなく閉艦というのに、展示場は大勢のファンでごった返してるぅ~coldsweats02 更に関係諸氏もゴッドと加藤氏への挨拶で更に大混雑!shock
元々軍艦だった三笠は空調・換気が今ひとつ弱く?(天井も低いしネ)人いきれと熱気でエライことに…wobbly

加藤画伯にプレゼントの「ガチャピン&ムック腕時計」をお渡しする為とゴッドに労いのご挨拶をしようと控え室に向かうも…
関係者やエライさんで一杯だあぁぁぁっsad

それでも、ちゃっかりこっそり加藤氏の傍に…bleah 「もし宜しかったら受け取って下さい」とガチャ時計を差し出すと…
加藤「えっ?!本当にくれるの?うわっ、メッチャ嬉しいぃ~」と、早速箱から出して腕に巻かれて下さいました。coldsweats01 ホントこちらが逆に驚く程に喜んで下さり、スーパーチャリでの帰途もしっかり腕にはガチャ時計が!happy02…心残りは加藤さんの画集を持参するのを忘れたこと…weep

加藤画伯とはお近付きになれたものの、我が神が戻られない…仕方なく艦外に…
ゴッドは艦出口タラップ下で大勢のファンと関係者に囲まれていました…coldsweats01
一人がサインをねだると、見る間に列が出来ます…coldsweats02

ゴッドが本当に申し訳なさ気に「これ以上はもう勘弁して下さい」とファンにお断りしています
それでも、ゴッドの心中は苦しく、観光課の担当女史に提案をされました
「もう対談は無理だけど、もう一度サイン会を企画して下さい。折角来て下さった皆さんに申し訳なさ過ぎる…ちゃんと時間を取って対応しなくちゃ――shine」そのサイン会は原画展最終日開催されます!

模一はそんなゴッドのお姿を見ながら、以前ゴッドにお訊ねした、ある事を思い出していました confident「なぜ1ファンでしかない自分に、こんなにも誠意と厚情を持って接して下さるのか?」と――

ゴッドお答えはまた次回に…wink
そして、猿島浮かぶ横須賀の海を背景に森田氏が模一に語る「最後のロマン」とは?

秘密情報①22日午後3時辺り~三笠に神降臨か?

その②製作状況が中々見えない、マクロスデルタですが…ゴッドに依頼が?…おっとオイラの口からは言ぇねえ~bleah 楽しみだなぁlovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展レポ「神が降りてくる…」

今回もウチダさん提供による小沢大先生画像のご紹介から…
宮武ゴッドをして「世界で一番戦闘シーンが巧い漫画家」と云わしめる小沢大先生ですが、ご自身も凄惨な戦争体験があり、実際に機銃掃射により学友を眼前で亡くされたそうです…

005oz小沢先生が他の原画でも描かれていた「戦争は漫画の中だけでいい」 …21世紀になっても争い事の絶えない現実に、平和な暮らしが「当たり前」である事の素晴らしさをもう一度考えたいです…

さて、平和の世だからこそ開催できた宮武ゴッド原画展・三笠 いよいよ最終章中盤。ゴッド自らが「最高傑作shine」と自信をもって世に公開されたのは、どの作品だったのでしょうか?

宮武ゴッド「その後、2004年エウレカのデザインを始めて…」
「そのエウレカの舞台設定(塔)は現在の自分の最高到達点だと思っている」
「自分にとっての世界観ではアニメーションの最高作品」

これ以降「宮武一貴デザイン集 Highly original works」「美術手帳」「原画展チラシ」でも触れられているスカブ≒サンゴ状異星生命態をデザインされた経緯が語られます。

これはゴッドが述べられていた「フォーマット」:型となるもの:型となるものにする:初期化〈の際にすること〉(非初期化→初期化はイニシャライズ):「構成」「方法」――…と模一は解釈しましたが、正しいでしょうか?coldsweats01 ――を築きあげた。ということでしょうか…

加藤「これからはね、一人1万円づつ出して貰って、作品を作って買ってもらうと良いよネ!」happy02happy02happy02(爆笑)

――しかし実際に現在、小沢先生が執筆中の最後の大作サブマリン707完結編の出版方法は、賛同者に出資を募り、その費用で出版を行う形を取られる…とお聞きしていますので、あながち「笑い話」では無いかもしれません…catface
「自分がスポンサーになりゴッドや加藤画伯に作品を制作して頂く」それもロマンではないでしょうか?

ゴッド「今回の原画展展示数は最初50点を予定していたが、自宅にあった資料が180Kgあって(紙の180Kgってどんなよ?coldsweats02)絞り込んで79点になった。それに小沢先生の「三笠」を加えて合計80点」

加藤「僕は宮武の描く理念が好き」
ゴッド「まだまだ頭で想う物の全てを描ききれていない…」
森田「さぁ、これから2人の褒め合いが延々と続きますよぉ~」(爆)

お二人が本当に互いを信頼し合っているのが、伝わってきます…
そして、そんな関係を永年見続けて来た森田さんの、お二人を想う気持ち――
今回の対談は終始、聞いている者の胸を熱く、心を嬉しくさせる。そんな「力」があり、それは互いを知り抜き、永い信頼関係の中で築かれて来た「絆」の片鱗を我々も感じることができたからではないでしょうか?confident
そこには、模一がデザイン以上に惚れ込んでいるゴッドのお人柄shine(神柄?)が滲み出ていると思うのです…lovely

23日祭日は原画展最終日。貴方もモノリス(宮武神)に触れてみませんか?wink 「展示物や踊り子さんには、お手を触れないように~shock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展レポ「脳を電磁波が揺さぶるのだ!」

ようやくゴッド対談レポも最終章!今回のトップ画像もウチダさんから提供の小沢大先生の原画です!貴重な画像を有難うございますぅhappy02
前回、ゴッドがデジタルツールがキライ!という下りをUPしましたが、それと前後してゴッドが都会方面に出るのが苦手な理由のひとつに、電磁波が大きく影響しているとか?
都会に近づくと、電磁波が溢れていて、頭がフラフラするそうですcoldsweats02
…だから横須賀辺りが丁度良いと――
(模一頭には「横須賀辺りは色々な軍事関係レーダー波が飛びまくっている印象なのですが…coldsweats01

015

以前、ゴッドと奥様が大流星群観察に行かれた際のこと…
「土手の上に100人位の人が居て、その皆が見ている頭上で流れ星が弾けた!同時に『おおっ!』っと一斉に声が上がり『近かったぞ!』『ヤバクね?』と皆其々の思いを口にし出した…」

ゴッドとゴッド奥様も『バシッ!』と言う音を聞かれ(感じられ)たそうです――が、しばし間を置き、間の抜けた女の子の声で(原文のままcoldsweats01)「ええ~ぇ、どうしたのぉ?ナンかあったのぉぉ~?」と聞こえて来ました。

――聞こえる人と聞こえない人がいる?!――流星が弾けたのは実際には地上200Km辺り、地上から聞こえるはずが無い。
ゴッド曰く「あれは、電磁波を感じたんだ!僕の奥さんも感じた。でも、それを感じない人も要る…(あ~模一もそうだぁぁ~despair ウチの嫁も電磁波弱いらしい…shock

…これは前日にゴッドから直接教えて頂いた「お話し」。対談でも語られなかったエピソードなので「信奉団同志」には貴重ヨンcatface

snailワープchick

森田「超時空要塞マクロスの『超時空』って、何なんですか?最近『超時空』って、チョット口に出すの恥ずかしいですよネ?!coldsweats01
宮ゴッド「元々は『超弩級要塞』ってしたのだけれど、みんな意味判らない・書けない。ってことで『超時空』って言葉を考えたらOKが出たcoldsweats01 …でも今になってみると、チョットダサいし本当は付けるの、もう止めたい…sad
 happy01happy01happy01爆笑happy02happy02happy02

森「マクロスの新作については何かshine?」
ゴッド「マクロスデルタは、まだ河森からナンも言って来ない…coldsweats02
「女の子のオーディションなんかは、精力的にやってるらしいけど…」

森「…coldsweats02 では私からの質問…『スーパーバード』の3作目は世に出るのですか?」
ゴッド「頭の中には全部出来てます…coldsweats01 しかし書いてる時間が無いcoldsweats01」「続きは皆さんの心の中に…と言うことで…」

森「最近のアニメはメカ物、メカアニメが減少傾向にあると思うのですが…『メカ』は『アニメの華』だと思うのですが…」 会場拍手scissors
ゴッド「う~ん、花は花でもラフレシアとか○○○○(聞き取れなかったcrying)かな?もの凄く臭いヤツ…coldsweats02

森「宮武さんのこれからは?」
ゴッド「同じ物はヤリたくない!」
この後、以前ブログにも綴った脳梗塞で倒れ入院されたお話しをされます…
入院先の病院にサンライズの進行さんが来て、ベッドで身動きもままならぬゴッドに「…ぢゃ、2週間待ちますので…宜しく!」と設定依頼を置いていったそうな…
置いていく担当氏も凄いが、ゴッドは更にスゴイ!!
動かない腕をベットの枠に縛りつけ、無理やり紙を持ちデザインを描かれたそうな…shock
…そして受けたお仕事をキッチリ仕上げられました!――『神だshine
「その時、何とか線を描いて形には出来るけど、線が繋がらない、線の強弱や生きた線が描けなくて、本当にイライラした。
逆にそれが通常のリハビリの倍以上の密度になった――通常の3倍?(お約束coldsweats01
結果的に「舞乙姫」の無理な発注が、ゴッドの復活に繋がったということでしょうか? 我々はサンライズ担当者さんに感謝しなくてはいけないかもしれません。
勿論、ゴッドの不屈のガッツにも…lovely

その後、ゴッドはエウレカセブンの舞台設定に関してお話しされます…

…と、言う処で本日はコレまで!――ゴッドが絶対の自信を持って語る『最高傑作』とは?漫画の神さま故手塚治虫氏が宮武ゴッドに感じた「天才」とは? まだまだ興味の尽きないお話しが沢山ありますよぉ~!wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮武一貴サイン会・緊急事態発生!

本日13日の金曜日16:00~から申し込みhttps://www.cocoyoko.net/index.php?gmode=1&d=miyatakesign&c=

にて申し込み受付予定でしたが…応募フォームがエラーです!
直接、横須賀市観光企画課に電話対応中です!
046-822-8124

13日金曜日の呪い?

追伸:16時20分、復旧しました…一安心coldsweats01
併せて、サイン会時刻が変更になりましたよーcoldsweats02

| | コメント (3) | トラックバック (0)

加藤画伯曰く「原画を見なきゃダメなのよ!」宮武一貴原画展

Oz001
今日の画像も、ウチダさんより提供の原画展を遡ること数日…小沢大先生と宮武ゴッドのビック対談の時の物です…オイラも行きたかったcrying…詳細がUPされています…

http://anitamasai.jp/news/4014

では、原画展ゴッド対談の続きをどうぞ~sun
宮武ゴッド「元々、僕には『物を立体で捉える』感覚が幼い頃から備わっていたみたいで、横須賀という環境がそれを育んだのかもしれない…」
「自分の祖母がとても絵心のあった人で、横須賀中を写生して廻っていて、いつも幼稚園の自分も連れて行ってくれた」
「ある日、横須賀漁港の漁船を二人で写生していると、いつの間にか自分たちの後ろで漁師さんが2人の絵を見ていて『坊の船は浮くねship』『お婆さんのは良く描けているけど、沈むね!wave』…と言ったのがとても印象に残っていて今でもハッキリ覚えている…
祖母の絵は、それこそ板目一枚、釘1本まで細かく描けていたけれど、水に浮く『立体』として、捉えていなかった」
(ワープ・ここら辺はチラシにも語られています…)
「父親の仕事の関係で、はるかぜ(最初の自衛艦)の試験航海に乗せて貰えることになって、船に近づいて触れてみると、ビリビリと動いている(ここら辺の詳細は「美術手帳」に語られています…catface)見上げても灰色の壁が頭上に聳えて見えるだけ。艦首の方を向いても、艦尾の方を向いても、灰色の壁が続いているだけ…。子供の目では対象物が大き過ぎて描けない」
「その時からずっと捉えきれない程の大きな物を描きたいと思っていた」
「(宇宙戦艦)ヤマトで初めて大きな船を描くことが出来た!」

加藤「ヤマトの前からの絵は宮武が描いて、後ろからは僕が描いた」
「アニメ作画の人から、前と後ろの絵の線が繋がらないと言われたshock
「宮武は俯瞰で捉える。僕は望遠。」

ゴッド「線を描くのは、時間を描くということでもある…」
「ヤマトが通過する時、艦首から腹のアップになって、そこから、チョットひねりが入って、船尾へと流れて行く描写があって… それは石黒監督の演出だった。石黒さんはヤマトの巨大感を表現する方法を良く理解されていた」
「デザインにしろ、線にしろ『表現』で誰が見ても『大きく見える』ように描いている」

ゴッド「先刻、パワードスーツのときにも触れたが、今でもパワードスーツとヤマトに縛られている…sad
森田「宮武さん、残念なお知らせですが…、これからも一生ソレは変わらないと思いますsmile

       happy01happy02happy01爆笑happy01happy02happy01

森「今回、個展開催のメッセージに『とほほ』とありましたが、あれはどう言う意味ですか?」
ゴッド「あれはメカニックデザイナーにしかなれなかった『とほほ』ですsad
「21世紀になってこれから人間は130歳くらいまで仕事ができるようになる!」

森田「ジェイムスン教授ですか?」(模一はゾル人の身体に頭がゴッド自画像の乗ってる図を想像してしまう…ウププっcoldsweats01)
「そうなったら、宮武さんもデジタルで仕事して貰えます?」

ゴッド「(苦笑)デジタルで絵を描くと、線を描くのに1秒のタイムラグが生じる。それがとても嫌!鉛筆なら0秒で線が描ける!その1秒の間に浮かんだイメージが消えてしまう…」
「デジタルツールは自分と描いた物の間に他人の脳が入って来る」

加藤「あ~、それは判る!」
ゴッド「何で、他人の意識に操られなきゃならないんだ?!…と言う気持ち。angry
「Faxと電話があれば仕事は出来ます!」
加藤「宮武の言うことは良く判る。僕はデジタルで絵を描いているけれど、宮武の設定をコピーやFaxで送って貰っても、線の強弱が消えてしまう… それはデジタルでも一緒。『生きている線』が死んでしまう。それが直接原画を見ると、宮武の描いた線の順番すら判る!だから原画を見なきゃダメなの…原画を見ないとダメよ!shine

森田「お二人の信頼関係は良く判りました。が、ソレはマスプロデザイナーとしては大きなマイナスではないですか?」 happy01happy02爆笑!happy01happy02「何度も送り直さなきゃならないこっちの苦労も判って欲しいんですけど…」 大爆笑!!happy02happy02happy02happy02happy02 可笑し過ぎるぅ~

ハイ、今回もここまで!いよいよ本日16時はサイン会申し込み開始!皆さんがライバルだわさ!サイン権獲得された方は欠席しないようにお願いしますよーcrying

また、記述に勘違い・間違い・欠落などありましたら、是非コメント欄に書き込みお願いします!ではまた…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展・サイン会詳細公表!

05ゴッドサイン会の申し込みが告知されました!sun

https://www.cocoyoko.net/event/miyatake.html

…実は事前にゴッドからお聞きしていたのだけれども、公式発表までは黙っているとお約束したので…ゴメンねweep
横須賀市観光課HPには掲載されていない事柄を少々…
B3ポスターとは京急の車内吊りに使われていたのと同じ物で、入手困難な代物です!

「一人でも多くの方にゴッドサインを~smile…」とか綺麗事を前回吐きましたが…
そんな「素敵ポスターにサイン頂けるなら、前言撤回!gawk 皆がライバルぢゃ!」

…と、言う訳で13日金曜日16時から観光課HPにて「Vトゥギャザーshine

以上――お知らせでしたcatface

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展・対談レポ「リアルとは?」

005gm滞ってる「ゴッド対談」レポをUPせねば…sad
画像はウチダさん所蔵の「ゴッドバード」原画shine

宮武ゴッド作と伝えられております…真偽は?
現在調査準備中
経緯はまたお知らせできるかな?
では、対談の続きを~wink

宮武ゴッド「『リアル』というのは、その作品の世界観と合っているか?!ということで、その世界観に合っていれば、全てOK!」
「2001年で言えば、全然科学的ではないけれども、その世界観には合っている」
(前回の「2001年宇宙の旅」のディスカバリー号の放熱板に関して、模一からの補足…当時2001年以前の「宇宙船」は大体ロケット型か飛行機型で、監督のキューブリックはディスカバリー号の放熱板が「翼に見える」ことを嫌い、全て取っ払ってしまいました…蛇足ですね?! …まぁ当然ながら、嫁はこの辺りの経緯を知らないので説明が必要でした…)

森田氏「我々スタジオぬえに対してもよく問われることですが…宮武さんの考える『リアル』とは何ですか?」

ゴッド「『リアリズム』とは科学的に正しい」
「『リアリティ』というのは、『正しく見えるもの』 作品の中で、例え科学的にはおかしいとしても、その作品の中での正当性や美的に合っていれば、そのデザインは『リアリティ』がある」
「我々のデザインはリアリティとリアリズムの狭間でバランスを取っている。理詰めだけのデザインはクソ面白くもナンともない」

そこで加藤画伯が一言――
「宮武は神だから!shine」 (模一「あ?!加藤さん、俺と同じこと言ってるぅ~!…って、逆か?!coldsweats02 嫁は横でオイラの顔を覗き込んでるし…coldsweats01)
加「宮武のセンスは作品1作品毎に全部違う」

ゴッド「『宇宙の戦士』と『マクロス』のリアリティは全く違う。でもマクロスにもリアリティが無い訳ではない… 
それぞれの作品の求めるリアリティが存在し、自分はいつもソレを探している」

森「『宇宙の戦士』の話しが出ましたが、『パワードスーツ』デザインの経緯を聞かせて貰えます?」
ゴッド「71か72年に早川SFシリーズ、所謂『青背』が出版されるのに、その前のSFマガジンで加藤がパワードスーツの上半身だけのデザインを発表した物の全身像を2人で協力してデザインした。それが小説のカバーや挿絵になった」

(この後、パワードスーツに纏わるエピソードの数々が語られたのですが…模一が話しに聞き入ってしまった為に、メモがありません…crying)

ゴッド「…正直な処、パワードスーツはもう勘弁して欲しい」
「もういい加減、解放してくれ。と言う気持ちです。自分はもっと先に行きたい」
「自分にとって終わった仕事を引きずりたくない。まだまだどんどん先のステージに行きたい」
「ひとつの作品が終わったら、新しい作品のフォーマットを形作らなくちゃならない」
「フォーマットは作品にとって最も大切なもの。作品を作る上での『世界観』(ルール)であり、新しいフォーマットが有れば、それで一つの作品が出来る」
「自分はまだまだ新しいフォーマットをどんどん作りたい」

「『新しい物』と言うことでは、前時代、それまでのロボットは腰が必ずあってー所謂『鉄のパンツ』というヤツ(会場全体ウンウンcoldsweats01) それを自分たちが変えた」
「但しアニメーション製作の現場(特に作画)からは『ぬえメカ』は線が多くて嫌われた」
「極力、線を減らすように努めた」→ここでホワイトボードにゴッドがマジンガーの腕とガンダムの腕をサラサラと描く…会場一同「おおっ!coldsweats01

又しても、話しに聞き入ってしまいメモ忘れてしまいましたが…
ゴッド曰く「マジンガーの腕は線が少なく、ガンダムの腕は線1本余分ではあるけれど、その面を動いているような作画をすれば『動いている』と錯覚して見える(…ここら辺、かなり曖昧ですsadsweat01)だから線が多いと描き難いとは一概に言えない」

そこでゴッドはホワイトボードに更にダンバインの腕を描き
ゴッド「湖川作画監督の描かれるダンバインの腕は極端に線が少ない。それこそ影線すらなくて輪郭だけ…それでも面構成を正確に理解されていて、輪郭線のみで動きや立体感を表現されていた。
これにはビックリした!」
「但し、これを表現できるのは湖川さんだけだった」

森「湖川さんは天才ですから!」

ここら辺の舞台画像がサンライズのHPにUPされていますので、ご覧下さい
http://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news_e.php?id=9735

頑張って最終日前にはUP完了させたいぃ~bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展「サイン会」日取り決定!

留守電再生から流れる、甘渋ボイス…「こんばんわ宮武です!shine」「…まぢ?!happy02
残念ながら不在で直にお話し叶いませんでしたが…

原画展最終日の23日月曜日に「宮武一貴原画展 サイン会」(検索用にゴッド敬称省略weep)が開催決定です―!!shine
詳しい時間や段取りは横須賀市観光局のHP

https://www.cocoyoko.net/event/miyatake.html
に告知がされるそうです… 内偵情報では100名Web申し込みになる?らしい??

あんなに待ち遠しかった原画展も開催期間残り半分…crying
オイラも原画展記念サイン欲しいけれど…bearing
普段、ゴッドと中々触れ合う機会が持てない同士に… たった1人分ではあるけど辞退しますcrying 
原画展には当然行きます!次回WFネタのタイフーン・ディティールも原画で要再確認やで!coldsweats02

…思い返せば2012年… マクロス原画展でのゴッドサイン会が真の宮武信仰に目覚めた一歩でした…confident あれからまだ3年、随分昔のことの様にも感じますが、まだ3年…WF回数で言えばまだたった5回(1回雪で欠場coldsweats01)なんだなぁ~…catface

004mg_2
今回の画像はウチダ氏所蔵の「宮武ゴッド」直筆画?貴重なモノなのでウチダ氏のお許しを得て公開!shine

原画展直近情報は企画スタッフS氏のTwitterを見るべし!
https://mobile.twitter.com/dodomen/media/grid?idx=1

早く対談レポもUPしないと原画展終わっちゃうぅ~coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »