« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

宮武一貴原画展レポ 「愛し合う二人」その2

今回も「字」のみのUPです…退屈でしょうが、お付き合い頂ければ幸いです…ぺこり
「前回までのあらすじ」
紙にして180Kgもの設定、ラフ、彩色原画他からたった50枚を選別しなくてはならない担当S氏の葛藤と苦悩…
しかもその180Kgの中にはスタジオぬえ保存分は含まれないのだ!
あれ程あった時間は、こぼれ落ちる砂時計の砂のように見る見る残り僅かになって来る
ゴッドの体力と睡眠不足も限界値を超えようとしていた…
更には「謎の宗教団体・主催」を名乗る某模一なる人物からのFax依頼…
開催前日、まだ中央ショーケースの立体模型物の展示が終わらない…
出口が見えなかった暗黒の迷路…、完成すること不可能に思えたジグソーパズル…、その最後の一片が填まった!重い扉が静かに開く…諦めない人々の意思が…神の想いを叶たのだ!!
そして、当日の朝。世界は光に溢れた!…(どんなよ?)

御三方が入場されました。この日を待ちかねた一同からの大拍手!
そして、ゴッドに花束の贈呈がされます…
が、広報課の女子職員から…で無く、大きな花束を抱えて壇上に上ったのは、横須賀市長でした! 結構お若いです
う~ん、市長商売上手!
(後ほどゴッドから伺った話しでは、以前経費削減のために横須賀美術館を潰そうなどとバカなことを言い出したこともあったそうな…
まぁ、今後はゴッドの手前そんなことはしますまい…頼むぜ市長!)

花束贈呈も終わり、いよいよビック対談が始まります。どんな話しが飛び出すことやら、ドキドキ感一杯です…
今回の司会はスタジオぬえの森田氏。巨匠お二人を知りすぎている名脚本家の司会進行で面白くない理由がありません!

先ず、森田さんから今回の原画展開催の経緯をゴッドに訊ねます

森「実は、今までも何度と無く原画展の話しは上がっていましたが、ずっと断り続けて来てましたよね?…それが今回初めて開催されたのは、どんな心境の変化だったのですか?」
宮ゴッド「元々、設定画やデザインというモノはアニメーションやゲームを製作する上での基本となるもので、完成態ではないので、それだけをわざわざ人様にお見せする様な物ではないと思っているし、今でもその考えは変わらない…」

そして、横須賀市観光課の女子職員に口説かれた経緯を語られます…(ゴッドってば女子甘?)

ゴッド「会場が三笠でなければやらなかった」
「地元横須賀の開催であり、自分にとっても横須賀は子供の頃から育った思い出の地で、横須賀の土地柄をとても気に入っている…」
「高校まで横須賀で、そこに居る出渕くんも同じ高校の出身だから…」 関係者席の出渕氏を中心に笑いの渦が…

森「そんな思い入れのある地元横須賀だからこそ、今回の原画展開催が出来たということですね?!…では、宮武さんと加藤さんお二人の出会いは――?」
宮ゴッド「1970年頃、元々はSFファングループでの出会いで…その前に1968年に「2001年宇宙の旅」があって。これは『おかしい!!』『どう考えても変だ!』と思った」
森「それは、どう言う意味なんですか?」
ゴッド「これは普通ぢゃない『ここまでスゴイのはナゼ?』と思った。それで2001年に関するあらゆる資料を集め始めて。幸い横須賀には洋書を扱う古書店が多かったから、他より資料を集め易かったけれど、当時手に入るものには限界があった…」
「それで、資料を求めてSF大会TOKON5に参加したら、見たことの無い『2001年』のモノクロスチールが壁びっしりズラーっと並べてあった。吃驚した!!」
「それは映画会社の宣伝部から松崎健一が借りて来た物だった。」
「キューブリックとクラークの企画段階のディスカバリー号は有翼だった。」
そこで加藤氏おもむろに「へぇ~知らなかった…」(この加藤さんの口調が、これがまた何とも言えず惚けた味わいがあって、会場内大爆笑!)
宮ゴッド「企画デザインは精子をモチーフにした物で、放熱板が付いていた。」
加「あー、知ってる、知ってる!」(爆笑)
宮ゴッド「世界観を作り上げる上で肝心なのは、まず必要なモノを捉えることから始めるーー」

さぁ、のっけからゴッド節炸裂のチューショー的なお話しになりました
自分も含め会場は「????」が浮きまくり それでも皆、ゴッドの言うことを一言も聞き逃すまいとする熱気と意気込みに包まれています…
しかし、自分にはこれ以上PCキーを打ち込む意気込みが続きません…

次回・神のつぶやき「幼年期の終わり」――「終わりなき呪縛」 をお届けする予定です…ぢゃ、またねー

サンライズのHPに原画展の画像&紹介がUPされましたhttp://www.sunrise-inc.co.jp/works/news/news.php
当日の雰囲気を少しでも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮武一貴原画展 レポ「愛し合う2人」

では皆様、いよいよ待望?の「素晴らしすぎるゴッド対談・神の声」を不定期UPして行こうと思います

…但し、お断りしなくてはならないのが、録音を元にしたモノではなく、自分の速記を元に再構成しております…
とは言え、手より耳に意識が集中してしまい(話しが面白くて…)手が止まっていたり、書きはしたものの字が汚くて後で読めなかったり… アホぢゃ!
更には箇条書きにした物を、思い出しながら再構成する際に、模一の思い込みにより、ゴッドの意図する本意とズレてしまっている場合も有るかもしれません…
その点を悪しからずご了承くださり、少しでもアノ対談の素晴らしさが伝えられれば光栄です…

なお、対談の「完璧版」を希望される方はスタジオぬえに有料出版のリクエストをバシバシ送って下さい!
俺も送るぜ!! 何度でも読みたいモノ…

入場3:00…自分が講堂に赴いた2:30頃(森田さんを見つけ、対談の流れなんかの事前情報を仕入れてた…)には、既に50人以上の「信者」さんの列が…
但し、嫁とMANTICORE綾瀬氏が先に並んでくれていたので、模一は20人位の処に入れて貰えました…
並びながら駄話をしていると、全国の同志が続々と集結!
チョット列を離れて、Tacさんやトマたん、Yas0氏に挨拶廻り ペコペコ…冬WFのネタ話などをしたりして盛り上がる…

3:00会場入り
小ホールにパイプ椅子を並べて~みたいな印象を抱いていたのですが、一寸した劇場みたい…印象はまさしく昔の名画座みたいな感じ。 椅子も昔の劇場椅子でステージとスクリーンもあります。
ステージに向かって先細りになっているので、「三笠」の艦首部分なのに気が付きました。
当然「戦艦三笠」時代には無かった施設なのでしょうが、巧いこと利用しているなぁ~…とチョット感心

ステージに向かって右半分が「関係者席」で、今回ささやかながらもお手伝いさせて頂いたので「そちらへ?」と言って下さったのですが…きっと落ち着かないので、辞退しました… 関係者の中でも、小沢大先生と出渕氏が特に目立っておりました…

3:30になり、宮武ゴッド・加藤画伯、森田繁氏が入場!
一同大拍手でお迎えしました! オイラも手が千切れん程に叩きまくったゼ!

ご存知の方も多いかと思いますが、今回の原画展企画の立案は横須賀市観光課の女性スタッフお二人の立案(凄ぇ!)ゴッドにアポを取り、足を使い会場を押さえ…
対談でも語られることですが「開催が地元、横須賀でなかったら。会場が三笠でなかったら。この話しは受けなかったと思う…」
確かにこれまで、模一も何度と無くゴッドに「個展開いて下さい!ナンミョーホーレン・アーメン」と祈っても「100歳になったら考える」とのご神託しか仰げずでしたから…
これでも個人で画廊を借りたら、とか、フリースペースで、とか…色々調べてはいたのです…
今回、無事個展が開催されゴッドも燃えております! …が
本当に嬉しい反面、ちょっとだけ嫉妬してしまう黒模一が心の中に在るのも事実…

何はともあれ、目出度い!!

さて、そんな経緯が市観光課の上司から語られた後、御三方の入場!

ああっと、これから!と言う処でお時間となりました…では、また 画像0だった…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

「神」降臨!祝ゴッド個展開催さる

10月24日土曜日念願の「宮武一貴原画展」が開催されました。
今回、恐れ多くもゴッドの個展に微力ながらも協力させて頂く光栄を得ることが出来ました
そんな幸せな立場から、前日のゴッドのご様子を生で拝見する役得も…

_0568中央立体物関係を御自ら展示準備中のゴッドと企画運営会社のS氏
S氏とゴッドのお付き合いは深く、実は以前の(模一にとっての思い出の)「ゴッドサイン会」でも運営のお手伝いをされていた事実が後ほど判明!
…思えば、アレがゴッドへと至る全ての始まりの一歩でした…
_0570
お二人とも座り込んで準備中…「三笠」は5時に閉館&電源が切られてしまうので、タイムリミットが刻一刻と迫ってきます…
「納品&ご挨拶」のみで帰るつもりの模一でしたが…
結局、飾りつけのお手伝いも…良いのか?部外者がこんな重役を…
ロボ魂のダンバインとフォウの合体飾りつけを担当しましたが…ゴッドの所有物を壊すんぢゃないか?こんなポーズで良いのか?
マヂ汗かきの1時間強でした… ロボ魂、出来が良いけど、解説書判り難いぃぃぃ~っ
_0571燃え尽きるゴッドのお姿… もしくは「シャッターチャンス・オイシ過ぎ!」の図 
市担当の女性陣も皆激撮モード!!
何とか時間通りに設営完了!…けれどS氏は追加展示の準備に会社へ戻りました…
(翌日お聞きしたら、終電に間に合わず会社泊されたそうです… 愛だわ)

翌日も快晴
会は大盛況でした(実は模一も追加納品があって開場前に再会場入りしましたが…)
展示会自体も盛況でしたが、宮武ゴッド×加藤直之氏 司会進行 森田繁氏のビック対談が本当に白眉な内容の超弩級充実対談だったのです…
時間、全然足りねぇ~ 録音撮影禁止だった故、内容はまた次回に…
_0585
模一と嫁は横須賀観光&経済振興協力活動の為市内に…
「三笠」でヤリ忘れた「発進!」ごっこ!も満喫

模一の後方には通常動力型潜水艦・世界最高能力艦の噂も高い「そうりゅう」型が…

横須賀は日常と非日常の混在する市外者にとっては不思議世界でした…
「神」もいるし…

Img_0581ビック対談は申し込み人数制限で(枠追加でも)観覧できずの方も多かったとか…
追加対談は難しいけれど…
後日、ゴッドがサイン会を開催して下さるそうです…?! 
更には…来年以降も原画展開催の可能性も…

次回「宮武ゴッドと加藤巨匠・愛しあう二人」をご期待下さい? …殴られる?




| | コメント (2) | トラックバック (0)

神の声を聞け!

今日は大宮で小沢大先生と宮武ゴッドの対談がありました…昨晩はゴッドに御自らお電話を頂きましたが…今日は仕事でどうしても参加できませんでした… バチ中るぅ~

お電話で個展準備の進み具合をお尋ねしましたが…資料持ち出しで120Kg 
しかもご自宅分のみ?!
スタジオぬえ分は別だとか?…どんだけぇ~!!
きっと決定稿だけでなく、貴重なラフや準備稿も含まれるのでしょうか?
ゴッド曰く、「全て展示しようと思えば三笠ではスペースが全然足りない!」
模一「やっぱ、ヤマトですか?」
ゴッド「ううん、空母レーガン」…そりゃ甲板が広いからね~

個展に来られる皆様にお願い! 横須賀市観光課担当者さんに是非、来年もゴッドの個展開催を要望、いや熱望して下さいませ!!

_0564まだ2016年冬WFの版権許諾も降りてないけど… 個展を機会に新作製作の障害の「闇の部分」を解き明かすべく、野望(無謀?)の夏WF以降の新作もお手つき開始…
まずは『グランへイム級』から止まっていた「無限航路」再開!ヤッハバッハの都市艦
_0566
同じく無限航路からは『ズィガーコ級』 何か宇宙戦艦以外のモノを作っている気分… 楽しい…当然3機分離合体機能は再現したいなぁ~
_0565新シリーズ展開?の「ヴァルケン2」より
『派洋艦・第1形態』 まだこんなカッチョ良い「お仕事」が眠っていたとわ?!
次は、第2形態か?
コレガマタカッチョヨイノダ!

_0567
先日お会いした際、新作発表に燃えておられるお元気な小沢大先生ネタからは、止まっていた『ブルーレイバーベース・青の本局ドーム』
ドーム本体より台をどうしようか思案中…ドーム下部の凸部分をベースの凹で受けなきゃなんないのだ…

模一は前・当日に横須賀ホテルを予約しました…♪ここは横須賀~ 横須賀振興に貢献するぞぉ~って、大袈裟ですが意気込みを買って下さい… 遠くて…
では、皆さん合言葉を、来週は…せーの、ハイ…♪






| | コメント (3) | トラックバック (0)

無事応募終了!

めっきり涼しくなって模型製作日和だわさ

_0531宮武ゴッドの個展初日の巨匠対談観覧権応募を無事済ませました!

一安心!

来冬のWFの本申請用画像申請も無事登録終了!

画像は「707Ⅲ世」 製作途中…
細部は個展のゴッド描き起しイラストを確認してから仕上げなきゃ!だわさ

会場でパテ盛り&ヤスリ掛けしてる不審人物ありや、ソレはオイラです…

_0543タイタニアよりザーリッシュ旗艦「タイフーン」
…も、チョット仕上げてから画像申請したかった…
中々、面構成が理解出来なくて…(葛藤・依然現在進行形中ナリ)

しかし(誰とは云わねども…)サツマイモ状態の原型製作途中画像で本申請を行った猛者もいましたが…
なれど、許諾OKで…
結果オーライやねー

タイタニア4旗艦も無事揃い踏み出来ますか?

_0538一体、何人の需要があるのやら?…な、いちばん後ろの大魔王より強襲揚陸母艦(このフレーズに弱いっ)「玄鶴」
ゴッドに完成品を見せる為のみに製作した感が強い?!
「誰も作らないから造る!」な信奉団心得的には鏡的?
当然、生産数も極少数なので、ある意味貴重かも? う~ん…

本当は自分的に一番気合の入っていたOVA版宇宙の戦士の「ロジャー・ヤング号」は不許諾でした…

WF回答・『・ロジャー・ヤング号ですが、当初宮武氏のデザインとしてぬえ様に問合せましたところアニメ製作のサンライズ様が窓口になるとのご連絡があり、申請しましたが結果として「現在は原作契約が切れている状態のため、許諾ができません」
とのご回答を頂きました。』

そりゃ仕方が無いわさ… 原型は6割出来てたのに… 完成品をゴッドに奉納する事で良しとしましょう~
Img_0477巨匠対談の一方の雄・加藤直之画伯にはガチャピン&ムック腕時計を貢物に?…

それでは皆さん♪ここは横須賀~
(横須賀市のHPのタイトルも同じだった…)でお会いしましょう~









| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »