« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

製作の裏側…:出来てしまえば…こんなモン?!

あつsun…いや、もう言うまい…coldsweats02
去年の「巨神兵・特撮展」は予想以上に面白く、商売上手で有名なジブリの某プロデューサーの思惑に乗せられているようで、癪ながらも数回足を運んでしまいました…coldsweats01
麗しの美女?・SY-3姫にも会えたし…lovely
綾瀬さん曰く、現在その展覧は地方巡業中とか?!…サスガはSプロデューサー…容赦ねぇ coldsweats01

反面、昨日のサンダーバード展は雑誌で見た美麗作例shineの実物を拝める楽しさは有ったけれど、もっと製作の裏側的な事も見たかった…
模型作例なら、ジェリー・アンダーソン作品関連をもっと拡げて欲しかったです…weep

小澤大先生とゴッドの対談も宇宙戦艦ヤマト誕生秘話とか面白かったです…catface
結果的には松本ヤマトで良かったかも?(…小澤センセはNプロデューサーの「女性隊員の同乗要請」を頑として受け入れなかったそうな…coldsweats02) そうなれば2199ヤマトも存在しなかった?…coldsweats01

Img_0191 話し変わって…残り少ない?「作りたいマクロス艦」のひとつ・アルゲニクス 鋭意製作中…ようやく全体がカタチに成ってきました…smile
当然、デザインはゴッド宮武氏のお仕事!shine
超マイナー艦ゆえ、説明すれば…ゲーム:マクロスM3に登場!

Img_0192 あのマックスとミリアが2人きりの特務隊「ダンシング・スカルshine」として特殊任務で大活躍!その母艦です
毎度以上に資料が無くてさーcrying

Img_0193 メイン船体の面構成も難解ながら…両舷のカタパルト部分の前部と後部の接続関係が理解不能で…随分と悩み試行錯誤…wobbly

Img_0194 ようやくカタチに成ってくれました…gawk
「出来てしまえば、こんなモン?」なんですが…
その製作の裏側…試行錯誤の足跡的? コレは面白くないかー?! coldsweats02

Img_0195 ピンクの部分はネットで見つけて、試しに購入してみたエポキシパテ…ムッチャ軽くて、柔らかく手にベト付かない、切削性良好…は良いけれど…
ちょっとスポンジ(大げさ)感で、そのまま表面には使いづらいかも?bearing
但し、凄ぇ安い!coldsweats01 200gで¥1200 軽い分かなり嵩があります!

http://www.c-wood.com/SHOP/200012.html   ←興味あればこちらで…

Img_0197 今回のWF水モノガレキで本当は試してみたかった旧名「中空球体 カツマック」改め「中空球体 Gバルーン」(普通の名前でツマランcoldsweats02

「球体」を謳っていますが、「粉」です
樹脂に混ぜることで、軽量、断熱、吸音、研磨性向上、などの効果が得られるのですが…ウチ的なメリットとして…水に浮く?happy02 マヂ?
今回のWFで浮きモノコーナーがあるのを知ってりゃ、ナンとしても浮きモノガレキを製品化したのになーweep

また試してみたら「製作の裏側」報告しますね…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

神さまに近づきたい…

暑い…sadって、今日がまた今夏最高気温?coldsweats02 毎日毎日暑さ記録更新するなぁ~wobbly 暑さオリンピックかっ?!shock
Kc3x0075a そんな暑い最中にお台場の未来科学館のサンダーバード展にManticoreの綾瀬さんと行きましたheart04
展覧会自体は雑誌掲載作例の「模型展示会」みたいな趣きでした…
アンダーソン氏は去年亡くなられていたのですね…crying
もう少し「製作の裏側」や「実物プロップ」があると嬉しかったかなー?!weep

Img_0189 冬トレフェスへの参加を綾瀬さんと検討中です…
でも、宮武ゴッドはトレフェスに来られ無さそうだからなぁ~weep
↑新作予定はコレだ?!shine
FGT氏曰く「欲しい人居るんですかっ?!coldsweats02

Img_0188「えっ? 良いじゃん!クジラ!!」
「♪クジラァ くじらあ 逢いたいぜ くじらあああぁぁぁっ!」ってか?!bleah

白くて大きいアイツも作るよんwink

Img_0186クジラ捕りオヤジも作りたいなぁ~coldsweats01
…で、宮武ゴッドに「…goodダイナマイト!」と言って頂けたら最高!!shine…かと?lovely
Walkくんはコレの完成見本を作るのだ!smile

小澤大先生がゴッドとの対談で「何かひとつデザインの依頼をすると、即刻Faxから山のような原稿が送られてくる!」と仰っておられました…
「その原稿の量が半端ぢゃなくて、途切れる間もなく送られてくるから、紙が静電気を帯びて丸まってしまって上手く受信できないんだ!」とも…
その時の一部がラポートから出版されていた、707復刻版の5,6巻の巻末に記事として掲載されています…coldsweats01

自分も原稿送られたいぃ~っ!…Fax機買おうかなぁ~…ムリムリ…coldsweats01
嗚呼…アポロノーム作りたい…crying
ひとつづつ、神さまへの階段を登りたいのですconfident …まぁギンガイザーは作りませんが…ゴッドのTVアニメ設定初お仕事とか?!…coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出会いの輪・場 或いはWF回想記

暑い…毎日wobbly WF会場も暑かった…sad だが、それ以上に熱く滾るのだhappy02! …いやもう歳なのでムリはするまい…coldsweats01
Re_suits_front_s1…今回最初の画像は模一が大変お世話になっている「Manticore 綾瀬」さんの機甲天使ガブリエルheart04
綾瀬さんはHPをお持ちなのだが、「セルロイドのメガネは~」と言うタイトルなので「Manticore」で検索すると、ウチが上位候補に挙がってしまうのだ…coldsweats02

http://homepage2.nifty.com/celluloid/entrance_ver2013.htm

こちらが綾瀬さんのHPです!…綾瀬さん新作のフライトY画像は?coldsweats01

Re_suits_rear 『WF回想記・出会いの場が輪を拡げる…』
相変わらず、模型を作ることより「宮武ゴッド」ネタで引っ張っております…coldsweats01
ゴッドにお会いした時間、お話しは全て貴重で嬉し過ぎるひと時でありましたが…
アレも訊きたい、コレも知りたい!と葛藤する模一の現時点で最も優先順位トップの関心事は…coldsweats01
「先生、アポロノームの後面、左舷、それと1~3が合体した設定って存在するのですか?」
「もしかしたら、時間的にお忙し過ぎて、劇中で使われた分しか設定画を興されてないんぢゃ無いかと言うウワサが…coldsweats02
ゴッド「ちゃんと設定したよ。でもアポロノーム1は潜水機構が故障してて合体出来ないんだけどね…」と

「おおっ!やはり!!shine」 例え使われなくとも、ゴッドの頭の中には全てが構築されているのです… 小澤大先生も「宮武くんはデザイナーと言うより、ダ ヴィンチなんだ!」と仰っていました…(自分はどう言う意味か判らずにいたのですが…『彼のひとは、デザインを興す前に既に頭の中に【完成形】が存在していて、デザインは後付けに過ぎない…だからデザイン画は幾らでも出て来る…ダ ヴィンチは膨大なデザイン画を残している。小澤先生はソレに準え、ゴッドにデザインを依頼した際の思い出を語られ、「Faxの能力を超えるデザイン画が送られ仰天した…」と話されていました…)

千草ゴッディが以前自分に…「判らないなら好きに作れば良いんだよ!どうせ誰にも判らないんだし!」と金玉のアドバイスを下さりました…がcoldsweats01

「この世に…いや、宮武ゴッドの頭の中に『完成体shine』がある以上、それを無視することは【宮武神信奉道】に反するのです…」 …いつそ無けりゃ好きに作れるのになぁ~coldsweats01
問題はソレが何処に行けば「在る」んだろう…coldsweats02

Dsc013871 …話し変わって…常連のムラタニさんが完成画像送ってくれましたheart04
過去作「ゲペルニッチ艦」…宮武ゴッドお気に入り艦のひとつ…
良いぢゃん、凄く! 何で人気無かったかなー?crying

Dsc013881 …ようするに…会場の展示完成品(模一作)が悪いのね?!…wobbly
今回のWFはFGT氏製作のカタログディーラーカットの成果で、初めてのお客さんも沢山訪卓して下さいましたhappy02

元々、自分にとって、模型製作は孤独な閉じられた世界的な趣味でしたが、ディーラー参加して作品を発表できるようになってからは、ソレを応援して下さる方や憧れの宮武ゴッドにもお会いする事が出来ましたcrying
「作る先に素晴らしい出会いが在る…」今はそれをとても嬉しく思える熱い夏sunですcatface
…でも暑い、夏キライ…wobbly
うふふ、今回全て自分以外の画像でUPできたヨンbleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お褒めの言葉を頂きました?! ^_^ⅴ

こんちは!
一部、ゴッド降臨ネタでブログを引っ張り過ぎ…のご指摘を頂いております、模一です…coldsweats01
相変わらず不快指数高めの日々が続いておりますが、皆様方におかれましては如何お過ごしでしょうかcatface

いつもイベント時には能力値超えて一杯イッパイで全く余裕の無い自分ですwobbly… どの位、余裕が無いかと言えば、自分のブースや作品を写真に撮る事すら儘なら無いのです…coldsweats02
そんな自分にとって画像保存してくれるWalkくんは心強い助っ人ですheart04 今回の完成見本はいつもと一味違いましたが、実はソレもWalkくんやFGT氏、花火職人氏が受け持ってくれました…ううっアリガトーcrying 下のURLはWalkくんの画像コーナーです …でも見えないからと塗ってない下面まで撮影するのはヤめて欲しいデス…coldsweats02(ちゃんと作れば問題無い…coldsweats01)

http://www.flickr.com/photos/gerwalk_w/sets/72157630817460240/

003_01001_03わたしは如何にして宮武ゴッドに接近を試みたか…或いはWF奮戦記3 「ゴッド降臨す!・ディーラー名改の効果?」
え~、以前は「アストロ模型団」やら「へろへろカンパニー」を名乗ってディーラー活動をしておりました…
それを何故、「宮武ゴッド信奉団」に変えたかと言えば(過去記事にも記載してますが…)自分にとって神…いや、それ以上かもしれない「宮武一貴shine」氏に直接お会いしたかったからです!
以前よりWF会場にゴッドが出没される話は聞いていたのですが…広大な会場で、しかも無名ディーラーの自分の処に宮武ゴッドが立ち寄られる可能性など、宝くじ当選倍率の如し…sad 遭遇した他の方の話しを聞き、羨ましくて妬ましくて…bearing
「それなら、イヤでもゴッドの目に留る名前にすりゃ良いぢゃん!!smile」コレが動機でした!…でもゴッドを信奉する気持ちに嘘はありません!! 件のサインが役立ってくれる事に(宮武ゴッドサイン会記事参照coldsweats01)…

Img_0182 ダブル神さま対談を途中で抜け、ブースに戻るも自分の能力を遥かに超える雑務処理に限界を悟っていた頃…sad 一人のお客さんとコーバックリフターに関して話しをしておりました… そこへ!「あ”-!!神さま!(確か自分はそう呼びかけてましたcoldsweats01)」 ひょっこりと宮武ゴッドがお一人で現れたのでした…ゴッドはそのお客さんと顔見知りらしく、リフターをネタにお話しをされています「このコーバックはどれ位の大きさなんですか?」「ギルフォードの他に、2,3人しか乗ってないからそんなに大きく無いんだ!」そこでしゃしゃり出る自分「トムキャットの2.5倍でしたよね?!」「うんそーそー!」
「それでも抱えて飛ぶには、やっぱりコレくらい翼を広げないとダメだろうねぇ…」

嗚呼、夢にまで見たこの瞬間!夢でないだろうか? もうキットの販売なんてどうでも良いやぁ~(ダメだろ!)

「この間の(ブリタイ艦)ありがとね!」「えっ?!自分の事覚えて下さったのですか?」「勿論!」ゴッド終止ニコニコされていました
「こんなに作ってくれてありがとう!」更には「よくカタチになってるねー」と…fuji
キャーheart04嬉し過ぎるhappy02!!
「先生が容赦なくデザインしたと仰っていたので、自分もガンバリましたっ!!」などと、自分の力量も忘れて完全に舞い上がっている模一
「先生にキットを差し上げたい時はどうすれば宜しいですか?」「ぢゃ、ぬえ気付けで…」
送らいでか!マザーレイヴン!!ゴッドが「よく出来ているshine(技術面では無いかもしれないけれど…)」と仰って下さったのだから…例えリップサービスだとしても…coldsweats01

短い時間なれど色々な話をしました…カムジン艦を見られて、「コレだけは他のゼントラーディ艦と違い『脆弱』な印象でデザインしたんだ」
「脳梗塞で倒れてベッドで身動きとれなかったのに、○ンライズは非道くて『マイオトメのこんな感じのでお願いします!』って言ってくるし…ベッドにこう(片腕を)縛りつけて無理やり描いたよー」(○ンライズ鬼shock)「今はもう宜しいのですか?coldsweats02」「一生懸命リハビリしたからねぇ…」
そんな事があったのをちっとも知りませんでしたcrying…思えば鬼ライズの依頼も結果的に良かったのかも…?
最近ゴッドのお仕事を目にする機会が少ない気がするのも、そんな理由なのかもしれません…weep

そして話しは宮武神信奉団的に最重要課題のひとつに迫るのですが…おっと今日はここ迄coldsweats01…(余り長いと疲れるでしょ?…俺もシンドイwobbly)

自分の作品の中でマザーレイヴンは(デザインに惚れて)お気に入りでしたが…ゴッドのお言葉で一層愛着が湧きました!happy02
貴方も是非完成させて下さいねーwink

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »