« 『へろへろ製作日記・ダックボーン② | トップページ | へろへろ製作日記・番外編/レイブン »

へろへろ製作日記・発掘戦艦/ニューノーチラス号編①

こんばんはーhappy01 一日お休みを頂きましたが、今日はお約束通り『発掘戦艦製作ガイドVol①』ですー。

Dan1_002 Nadia1 この3枚は製作途中のモノ…イベント用にいつかHPの開設を夢見て「一応」画像保存していたのでした…coldsweats01 一枚目はまだ資料がホビージャパンのツクダ製ソフビの製作記事しか無かった頃に作り始めた頃のモノ…coldsweats01

Dan1_014 この頃はガレキにするつもりは無くて、自分用に作っていたのでしたbleah 当然、『形になってりゃ良いやー!』くらいのモンでした…その後、WFへのディラー参加が決まり(でも、お手伝い程度のつもりだった…happy02)『んじゃ、ニューノーチラス号も出品しよー!』と資料本にロマンアルバムを苦労の末入手。2枚目がその頃…3枚目は製作途中でエポパテのビニールを噛んでいるのを発見!coldsweats02 泣く泣く抉り取った処…実際の被害よりも精神的ダメージが大きかった…crying この頃は砲身はシンチュウパイプで済ますつもりだった…bleah

Brog_008 …と、言う訳で…取り敢えず、パーツのバリを削り取り、こんな状態まで仕上げて下さい。少し面倒なのは、艦橋と船体の接合面のすり合わせ調整とメインノズルの不要部分の切削かな…? あと、注型のせいか?!艦首が垂れ下がっている(ように感じる)場合があるので、ドライヤー、熱湯、ライター火 等で軽く炙って少し持ち上げてやると良い感じですcoldsweats01 くれぐれも「やりすぎ」「ヤケド」にはご用心ご用心。

あーとー、注型時の船体ズレに関してわぁ~shock …パテ盛りと削り合わせで調整して下さい、スミマセン、ゴメンナサイ、カンベンして下さい。wobbly 削るより、不足部分をパテ盛りした方が歪みが少ないと思います。

Brog_010 個人的にニューノーチラスの大きな特徴の一つだと思う、艦首形状に関しては、ヤマトの波動砲口と同じで各人のイメージが有ると思うので自分のイメージに近づけて下さい。設定、作画、ポスター、どれも微妙に違うんだよねーcoldsweats02 因みに「ひろにー」はレッドノアのバリアーを突き破る場面の尖ったイメージ;フィルムコミック参照(…って艦首、切れてるじゃーんweep) それと、スタンドは、この先、サフ吹きの際も便利なので、金属線を挿して固定できるようにしておきます。

wobblyお詫び…ノズル小が抜きの不手際で殆ど成型されていませんでした…crying で、それ用のパーツを前日徹夜で製作したのですが…当日、予想を遥かに上回る忙しさに、商品内に同封するのを忘れていたのに気が付いたのは…全てのキットが「ひろにー」の手元から去ってしまった後でした…shock 後の祭り… 「発掘戦艦」をお買い上げの方はご連絡下さい、郵送させて頂きますwobbly (画像の下の方に写っているのが、そのパーツ)…でも、パテやランナーで作った方が早いですが…coldsweats01

んじゃ、次回をお楽しみに…って、見てくれてるお客さんいるのかなーcoldsweats01

|

« 『へろへろ製作日記・ダックボーン② | トップページ | へろへろ製作日記・番外編/レイブン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506925/40307134

この記事へのトラックバック一覧です: へろへろ製作日記・発掘戦艦/ニューノーチラス号編①:

« 『へろへろ製作日記・ダックボーン② | トップページ | へろへろ製作日記・番外編/レイブン »